このサイトは、武蔵大学同窓会の旧サイト(〜2018年11月まで)です。
リニューアル後の新サイトは、こちらからご覧ください。

■岩手支部総会報告

開催日時:平成18年11月11日 17:00〜20:00
開催場所:ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィング
参加人数:17+3名

 当日は初冬の雨でした。今回は平林学長、日暮同窓会長そして及川理事のご参加を得て少人数ながら楽しい会となりました。
 伊藤彬支部長(10回経済)ご挨拶のあと、今回は佐藤晄僖氏(12回経済)が藍綬褒章受章というお慶びがありましたので、支部会員一同よりお祝いの花を贈呈いたしました。平林学長より大学の現況を詳細にご説明いただき、日暮同窓会長の同窓会への取り組みを今後とも大きく発展させたい熱意をお聞きし乾杯の発声を頂きました。
 岩手県支部懇談会恒例の各人の近況報告は、列席者からの合いの手を含めて和気あいあいの中、現在の大学へのかかわり具合から仕事の現況などにこやかに報告されました。特にホームカミングに参加した諸氏よりその楽しさ、嬉しさが報告され次回への参加を推奨されました。また同窓会のホームページについても話題に上がり、今回の開催予定がホームページ上に記載された事から同窓会事務局経由で新たに参加された同窓がいらした事は大変嬉しい事でした。
 岩手は石川啄木、宮沢賢治のふるさとでもあり、その心に残る美しい詩情は全国に知られるところです。和泉暢悦氏(11回経済)、高橋樸氏(14回経済)によって歌い上げられた詩情は岩手県支部から全国の同窓への啄木、賢治の想いでもありました。
 あっという間の時間の経過で、恒例の武蔵大学讃歌を応援団OB高橋樸氏(14回経営)の先導で歌い終えた時は全員の顔が高揚しておりました。もちろんアルコールのお陰もあったのも事実なのであります。
 次回の開催での再会を約して、握手の中閉会となりました。

(報告者:佐藤隆夫、21回社会)

 

 

和気あいあいと

 


●平成17年開催 岩手支部総会報告