このサイトは、武蔵大学同窓会の旧サイト(〜2018年11月まで)です。
リニューアル後の新サイトは、こちらからご覧ください。

■斉藤玲子さん(44回社会)監督映画「よだかのほし」の
  ご案内

 斉藤玲子さん(44回社会)監督映画 「よだかのほし」が上映されます。映画「よだかのほし」は、昨年の東日本大震災後、「東北」をテーマにということで企画。 ロケ地である岩手県花巻市にて先行上映、9月には東京でも上映されます。是非皆様も足をお運びください。

 ☆ 映画「よだかのほし」
宮沢賢治原作「よだかの星」をモチーフに、斉藤玲子さんが脚本・監督を手掛けています。
(Official web site)
http://yodaka-no-hoshi.com/

 (先行上映)
8月26日〔日) 岩手県花巻市文化会館 10:00〜14:00〜
9月22日(土)より、東京の新宿武蔵野館にてロードショー

 今月1日に完成披露会があり、新聞各紙にも取り上げられています。
(朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001208020004
(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-00000006-mailo-l03
(河北新報社)
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/08/20120802t35006.htm

 地元及び東京での反響により、全国規模に上映が展開される可能性があるそうです。 是非皆様にお力添えを頂ければと存じます。

(斉藤玲子さんプロフィール)

 1973年生まれ。武蔵大学社会学部卒業後、通信会社に就職。97年、会社に行きながらニューシネマワークショップに通い始める。

 1998年、自分のシナリオが認められ、初めての映画「盗んだパンをちぎってあげる」(16ミリ/30分)を監督する。これで映画制作の喜びを知り、99年会社を退社、NCWで知り合った有路有子さんと2人で、ガールズシネマ・セルフプロデュースユニット「cinemacine(シネマシーン)」を結成、インディースでの映画製作、上映などの活動を開始。数多くの短編作品をつくる。

 2000年、第1回NCWフィーチャー・プロジェクトに応募した自身の企画「アニムスアニマ」が選ばれ、劇場用映画として製作されることになり、2年近くの準備期間を経て、2002年に撮影、2003年に完成する。その後、お笑いユニット"シャカ"の大熊啓誉さんを主役に起用した短編「巡査と夏服」を監督(2004年10月公開)。その後も、精力的に作品をつくり続ける。

 これまでの女性監督とはひと味もふた味も違ったニュータイプのクリエイターとして今後の活躍が期待される。